モンスターストライク

モンストの新獣神化モーセが2通りの形態に!獣神化前の性能と比較して変化した所を解説!

World of Tanks

10月3日(日)22:00に2通りの獣神化形態が実装された「モーセ」

同日10月3日(日)の「MONST FREAK2021」内のモンストニュースで発表されました。

進化も神化も高難易度等でかなり活躍し使う機会が多かったと思います。

そんなモーセが進化と神化ベースでの2通りの獣神化形態を得た事によりどのような性能になったのかを獣神化前と比較しながら解説していきます!

2通りの獣神化モーセの性能!

真なる十戒へ導く者 モーセ

攻撃タイプ:貫通

戦型:スピード型

種族:魔人

アビリティ:超アンチダメージウォール/超マインスイーパーM/弱点キラー/SSターン短縮

ストライクショットスピードとパワーがアップ&ヒットした敵の弱点を全て出現させる(12+8ターン)

メイン友情コンボ:超強十字ウェーブ

サブ友情コンボ:放電

進化ベースの獣神化

2つの超アビリティを持ち弱点キラーも素アビで持っているので敵に対してかなりの高火力を出すことができます。

弱点キラーと相性の良いSSも1段階目が12ターンと早くSSターン短縮のアビリティですぐに撃てるので弱点の有る敵やボスに対して絶大なダメージが期待できます。

他にも友情コンボの放電は内部に判定があり内部弱点の敵に対してキラーとかなり相性が良く強力です。

約束を結びし大賢者 モーセ

攻撃タイプ:反射

戦型:スピード型

種族:魔人

アビリティ:超アンチダメージウォール/超アンチウインド/アンチ減速壁/火属性キラー

ストライクショット:壁に触れる毎にパワーがアップ&味方を動かし敵へ撃ち込む(16+8ターン)

メイン友情コンボ:超強跳弾

サブ友情コンボ:貫通弱点ロックオン衝撃波 5

神化ベースの獣神化

超アンチダメージウォールに火属性キラーがあり殴り火力はかなり高く超アンチウインドでスピードが上がるので敵に対してダメージが出し易いです。

また火属性キラーが素アビであるので使いやすいSSと友情にも乗り火属性のクエストでは無類の強さを発揮しかなり強力なキャラです。

モーセ獣神化の進化&神化からの変更点

進化ベースのモーセ獣神化の変更点

進化ベースの獣神化はアビリティや友情等を見ても完全上位互換と言って良いほどの強化が施されました。

特に友情コンボは電撃から放電に変わり威力の高い超強十字ウェーブが追加されかなりのダメージが期待できるようになりました。

神化ベースのモーセ獣神化の変更点

神化ベースの獣神化は超アンチウインドとアンチ減速壁が追加されました。

SSは壁ドン号令と言う最強クラスのSSになり友情もスプリッドバレットが貫通弱点ロックオン衝撃波に変わって普段使いしやすい性能になりかなり強化されました。

2通りの獣神化モーセは強い?

進化ベースは単純強化の据え置きで殴り火力が上がっているのでかなり強くなってます。

神化ベースは2つのアビリティが追加された事により汎用性が上がり「轟絶ディビジョン」の適正になり更に使いやすく強化されました。

両方ともかなりの超強化を受けているので迷わず獣神化させた方が良いです!

獣神化モーセに対するユーザーの反応

獣神化モーセのまとめ

今回は獣神化モーセの2通りの形態について進化と神化の性能を比較しながら解説しましたがいかがだったでしょうか?

簡単にまとめると

・完全上位互換の進化ベースの獣神化

・相性の良い進化ベースの獣神化のSSと友情

・普段使いしやすい神化ベースの獣神化

・かなり強化された神化ベースのSSと友情

と言う結果になりました。

どちらの獣神化形態もかなり強力で高難易度は進化ベースで普段使いは神化ベース等分けて使えるのでモーセを複数持っている方は是非両方使って見てください。

World of Tanks

-モンスターストライク